フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

「ネイサンと競うのは大好き」
羽生結弦、若きライバルへの闘志。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2019/12/08 16:00

「ネイサンと競うのは大好き」羽生結弦、若きライバルへの闘志。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

イタリア・トリノで行われたグランプリファイナル男子シングルのフリーで、4ルッツを含む4回転ジャンプを5本成功させた羽生。

「スポーツをやっているのだと実感できる」

 羽生がルッツとループを含む5度の4回転の構成を滑り切ったのは、今回が初めてである。

 このフリーの日、25歳の誕生日を迎えた羽生は、シングル選手としてはすでに大ベテラン。それでも初めてのことを成し遂げたというのは、やはり羽生ならではと言うしかない。

 さらに羽生は会見で英語で、こう語った。

「すごく疲れました。ネイサンは、もっともっとハードにプッシュしてくる。ぼくのほうが年上なのに、どうしてこんなにプッシュしてくるのと言いたい(苦笑)。

 彼と競うのは、大好きです。ぼくがたった一人で(このレベルで)闘っていたら、とても孤独でモチベーションを感じることができなかったと思う。

 フィギュアスケートはスポーツなのかと言われることもあったけれど、(チェンと闘うことで)ようやくスポーツをやっているのだと実感できるんです」

公式練習で4アクセルに挑む。

 何かを成し遂げたいという意味においては、前日の公式練習で4アクセルに挑んだことも、彼の中で大きな意味を持っていた。

「あと、ここで何かを成し遂げたい、残したいというのは、フリーの前の日の練習もそうで、4アクセルを降りたかったなと思っていたけど、でもここでトライできたのはとても光栄なことだなと思います」

 2006年に荒川静香とエフゲニー・プルシェンコがオリンピック金メダルを取ったこのトリノのパラベラ競技場で、4アクセルというまだ誰も試合で成功させたことのない技に挑んだことも、自信につながったという。

【次ページ】 羽生はこのスポーツのアイコン」とチェン。

BACK 1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
ネイサン・チェン

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ