Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ランビエルが語る愛弟子>
島田高志郎「美しい花を咲かせよう」

posted2019/11/30 15:00

 
<ランビエルが語る愛弟子>島田高志郎「美しい花を咲かせよう」<Number Web> photograph by Nobuaki Tanaka

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Nobuaki Tanaka

元世界王者のステファン・ランビエルに師事して3シーズン目の今季、島田はシニアデビューを果たした。師は愛弟子を、そして彼のスケートをどう見ているのか。二人三脚で世界を目指す両者から、強い絆が伝わってくる。(Number991号掲載)

 NHK杯を控え、拠点のスイス・シャンペリーから札幌へと到着した島田高志郎とステファン・ランビエルコーチ。粉雪が舞い、氷点下の気温に「到着したとたんに、ちょっと風邪ひいてしまいました」と苦笑いする島田を、ランビエルは優しさをたたえた瞳で見つめながらこう切り出した。

「僕と高志郎にとって3年目のシーズン。最近の彼はしっかりと自分の意見が言えるようになって、少年から成熟した青年になってきました。彼は物事を深く考えるタイプですし、自分のスタイルを見つける記念すべきシーズンになる予感がします」

 島田がスイスに渡ったのは15歳の時。ランビエルは表現者として世界最高の評価を得たスケーターで、島田には憧れの存在だった。島田は当時をこう振り返る。

「ステファンからは『僕もコーチとしてまだ若い。一緒に成長しよう』と言われました。最初の頃は、何を言われても『イエス』しか言えなくて。でも、今は2人で話し合いながら練習できています」

 昨季は、ジュニアGPファイナルで銅メダル。このオフは様々なトレーニングをこなした。ランビエルは言う。

「今や1人のコーチでは補いきれず、ブライアン・オーサーやエテリ・トゥトベリーゼのように大きなチームを結成しなければ戦えません。この夏は、世界中からジャンプコーチ、トレーナー、ダンサーなどを呼び、色々な方向性を学びました。それは私にとっても経験でした」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1775文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

島田高志郎
ステファン・ランビエル

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ