ブンデス・フットボール紀行BACK NUMBER

ボルシアMGの凄そうで不思議な異名、
「攻撃サッカーの殿堂」復活のワケ。 

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/11/23 08:00

ボルシアMGの凄そうで不思議な異名、「攻撃サッカーの殿堂」復活のワケ。<Number Web> photograph by Getty Images

かつて大津祐樹も所属したこともあるボルシアMG。今季ブンデスを席巻する存在だ。

大声を張り上げたオジサンは……。

 ブレーメンは状況を立て直そうとするものの、メングラの嵐のようなゲーゲンプレスは止まらず。しかもブレーメンは大迫が受けたファウルでPKを獲得したのにキャプテンのダビー・クラーセンが失敗。数分後にへアマンのシュートで三度被弾してしまいました。

 あっ、オジサンが他の記者の横の席に座って大声を張り上げたものだから、むちゃくちゃ怒られている。

 結局、試合はブレーメンが後半アディショナルタイムに1点を返したものの3-1でメングラの勝利。大団円のボルシア・パルク。オジサンの姿はすでに見当たらず、僕は険しい表情を終始崩さない大迫の試合後インタビューを敢行して帰路へ着きました。

 午後4時のメンヘングラッドバッハに茜色の夕陽が落ちていきます。辺りが漆黒の闇に包まれても街の喧騒は止みません。中央駅に着いた快速列車の車内に乗り込みましたが、それほど乗客は多くありません。まだまだ、メングラの夜は長いのです。

 今季のブンデスは群雄割拠。メングラがいつまで首位を堅持できるかは分かりません。それでも今は至福に包まれる“メングラ・サポーター”を背に、帰りはデュッセルドルフを経由して、何処かでアルトビールでも買って、「攻撃サッカーの殿堂」の復活に思いを馳せようと思いました。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ボルシアMG

海外サッカーの前後の記事

ページトップ