“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

ぶっつけ本番でも光ったDF原輝綺。
堂安律、久保建英との連係に高評価。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/11/22 08:00

ぶっつけ本番でも光ったDF原輝綺。堂安律、久保建英との連係に高評価。<Number Web> photograph by Getty Images

U-22コロンビア戦では劣勢の状況でピッチに入った原輝綺。慣れない左SBでの出場だったが、堂安らとの崩しでチャンスを作った。

「ユーティリティー」という武器。

 原輝綺は決して「器用貧乏」ではない。どのポジションでも状況にあわせ、戦術的な洞察力を発揮し、高度な技術と駆け引きで攻守において効力を発揮する「ユーティリティー」という唯一無二の武器を有しているスペシャリストだ。だからこそ、森保ジャパンの左サイドバックとしての新境地が、チームの新たな光となるユニットを生み出した。

「今日のユニットは凄く楽しかったし、可能性を感じることができました」

 原はこれから鳥栖でJ1残留に向けた重要な3試合を迎える。どのポジションで、どのタイミングで起用されるかは分からない。だが、ここで見せた輝きは、鳥栖においても希望の光の1つとなるのは間違いない。今こそ、ユーティリティーの真価を見せつけるときだろう。来年の東京五輪に弾みをつけるべく、原輝綺は一層イメージを膨らませ、ピッチに還元する。

関連記事

BACK 1 2 3 4
原輝綺
堂安律
久保建英
食野亮太郎
サガン鳥栖
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ