Overseas ReportBACK NUMBER

サニブラウンから「突然のお知らせ」。
五輪前でのプロ転向、その真意は? 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byAyako Oikawa

posted2019/11/19 19:00

サニブラウンから「突然のお知らせ」。五輪前でのプロ転向、その真意は?<Number Web> photograph by Ayako Oikawa

6月7日の全米大学選手権100m決勝では、日本新となる9秒97を記録した。

日本の陸上を盛り上げること。

 もう1つ、大きな目標がある。

 日本で陸上のサーキットを開催すること。

「今年の日本選手権もたくさんの観客の方々が足を運んでくれました。ヨーロッパのように日本でサーキットを行えば、観客は必ず動員できると思っています。東京五輪で陸上を見てくれた方々が足を運べるレース、サーキットがあればと思っています」

 選手として活動しながら、日本の陸上を盛り上げる仕掛け役もしくはアイデアの提案なども将来的には行っていきたいと考えている。

 悩んだ上で決めたプロ選手への道。思うような結果が出せず、苦しんだり、壁にぶつかることもあるだろう。でも、サニブラウンはきっぱりとこう話す。

「これまでと変わらずに、ハキーム・サニブラウンらしく走りたい」

 プロになれば、自ずと周囲の環境も変わっていく。その中でどれだけ自分を見失わず、芯を持っていけるのか。20歳の決断を興味深く見守りたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
サニブラウン・アブデルハキーム
クリスチャン・テイラー
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ