内藤大助の名言 

今日の名言 

一生懸命練習して、一生懸命戦った結果がこうなった。批判する人には“ゴメンネ”と言うしかない。

内藤大助(ボクシング)

2019/11/20

母子家庭に育ち、中学時代にはいじめに遭っていた内藤少年。そんな彼が自分を変えたいと思い、ボクシングを始めたのは有名な話だ。そんな内藤が世界初挑戦したのは2002年のこと。19連勝の勢いに乗ってポンサクレック・シンワンチャーに挑んだが、1ラウンドであっさりKO負け。「日本の恥」とまで叩かれる屈辱にまみれたが、内藤は内藤なりの方法でへこたれなかった。「最短KO男」と記されたTシャツを着たり、亀田興毅との因縁で知名度を上げ、2007年には通算3度目となったポンサクレック戦で見事世界王者をつかみ取った。「才能もセンスもない」と本人は常々言うが、その執念と頭脳派ぶりは驚異的なものだった。

Number988号(2019/10/17)

<ラグビー日本代表 ベスト8進出の軌跡>突破
人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ