沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

エリザベス女王杯は「超牡馬級」。
大器ラヴズオンリーユーが大本命。

posted2019/11/09 19:00

 
エリザベス女王杯は「超牡馬級」。大器ラヴズオンリーユーが大本命。<Number Web> photograph by Kyodo News

キャリアわずか4戦でオークスを制したラヴズオンリーユーの底はまだ見えていない。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 2005年スイープトウショウ、'07年ダイワスカーレット、'10、'11年スノーフェアリー、'15年マリアライト、'18年リスグラシュー。

 過去20年のエリザベス女王杯優勝馬のうち、牡馬混合GIも勝っている女傑たちはこれだけいる。アドマイヤグルーヴとスノーフェアリーが連覇しているので、優勝馬は20年間で18頭。うち5頭が大舞台で牡馬相手に頂点に立っているのだから、「超牡馬級」の馬でなければ勝ち負けできないレースと言っていいのかもしれない。

 今週の第44回エリザベス女王杯(11月10日、京都芝外回り2200m、3歳以上牝馬GI)の出走メンバーにそうした馬はいるだろうか。

「いる」と多くの人が即答し、「無敗のオークス馬」ラヴズオンリーユー(3歳、父ディープインパクト、栗東・矢作芳人厩舎)の名を挙げるだろう。

リアルスティール以上の瞬発力。

 昨年11月の新馬戦と白菊賞を連勝したが、今年2月に怪我をして細菌が入り、フレグモーネ(化膿性疾患)を患った。脚が腫れてしまい、矢作調教師は春シーズンを完全に休ませようか悩んだという。が、そんな状態でありながら、4月の忘れな草賞を3馬身差で圧勝した。

 つづくオークスでは中団馬群で折り合い、直線で素晴らしい伸びを見せて優勝。06年のカワカミプリンセス以来、史上5頭目の無敗のオークス馬となった。ジェンティルドンナの記録をコンマ8秒も短縮する2分22秒8というオークスレコードのおまけ付きだった。

 全兄にドバイターフを勝ったリアルスティールのいる超良血。矢作師は、瞬発力では妹のこちらのほうが上と明言している。

 右前の蹄の炎症で秋華賞を見送ったが、矢作師によると「使って使えないことはなかった」ということ。万全を期して、オークスからの直行策を取ったわけだ。

 春より間違いなくよくなっている」と言うトレーナーはこの血統のよさも難しさも知悉している。この馬とのコンビが連続3戦目となるミルコ・デムーロも、リアルスティール('16年天皇賞・秋2着)のほか、全姉のカデナダムールに騎乗した経験もある。

【次ページ】 オークス馬には嫌なデータがあるが……。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ラヴズオンリーユー

競馬の前後のコラム

ページトップ