新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『覚悟の競馬論』
競馬ファンを勇気づける、
名調教師からの清々しい提言。 

text by

亀和田武

亀和田武Takeshi Kamewada

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2019/11/10 15:00

『覚悟の競馬論』競馬ファンを勇気づける、名調教師からの清々しい提言。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『覚悟の競馬論』国枝栄著 講談社現代新書 840円+税

 いま日本で競馬ファンにもっとも愛され、世界からも注目される牝馬、アーモンドアイを管理する国枝栄調教師による初の著書だ。

 国枝調教師といえば“ボルサリーノの人”だ。数々の重賞を制したとき、祝福を受ける彼はいつもボルサリーノを被っている。調教助手時代、イギリス研修の機会を得た国枝さんは、ホースファーストが定着している国で多くを学んだ。

 そこで体験した事柄を記したあとで、「イギリスのホースマンは競馬の時にみんなボルサリーノを被っていて、それがとても恰好よかった」。彼がボルサリーノを被るきっかけは、この海外研修だった。上質なユーモアが漂う逸話だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 707文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

国枝栄

競馬の前後のコラム

ページトップ