ラグビーPRESSBACK NUMBER

徐々にイングランドを追いつめ……。
南アがNZと並ぶW杯通算優勝3回に。

posted2019/11/03 12:00

 
徐々にイングランドを追いつめ……。南アがNZと並ぶW杯通算優勝3回に。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

オールブラックスと並び、W杯通算優勝回数を3回としたスプリングボクス。ジャパンを破った南アは、そのまま世界の頂点に。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 世界で1チームしか味わうことのできない歓喜に浸ったのは、スプリングボクスこと南アフリカだった。

 11月2日に横浜国際総合競技場で行なわれたラグビーW杯のファイナルで、ヨハン・エラスムスHC(ヘッドコーチ)が率いるチームはイングランドを32対12で下したのである。
 3大会ぶり3度目の優勝を引き寄せた要因は、フィジカルを生かした猛烈な突進だった。準々決勝で日本を、準決勝でウェールズを苦しめた南アフリカのフォワード陣は、この日も序盤からイングランドに襲いかかっていく。

お互いにトライが決まらない前半戦。

 前半開始早々のペナルティゴールを名手ハンドレ・ポラードがミスしたものの、10分に素早い出足で相手のノット・リリース・ザ・ボールを誘発する。パスをつながれる前にボールホルダーに殺到する南アフリカの圧力が、イングランドをペナルティから逃れられない状況へ追い込んだのだ。背番号10は自身2本目のショットを確実に決め、南アフリカが3対0とリードした。

 23にペナルティゴールで同点とされるが、26分に敵陣でのスクラムでペナルティを獲得し、ポラードのペナルティゴールで6対3とする。35分にペナルティゴールを許して同点とされるが、試合の主導権は南アフリカにある。39分にノット・リリース・ザ・ボールで、43分にはスクラムで相手のペナルティを引き出し、3点ずつを加算する。南アフリカは12対6で前半を折り返した。

 後半開始直後の44分、エラスムスHCはフロントローを2人同時に入れ替える。リザーブのFWを投入することで、スクラムのプレッシャーをさらに高めた。

 果たして、直後のスクラムでペナルティを引き出し、ポラードのキックで15対6とリードを広げた。

【次ページ】 均衡する戦況が微妙に変化して……。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

エディー・ジョーンズ
ハンドレ・ポラード
マカゾレ・マピンピ
チェスリン・コルベ
ファフ・デクラーク
スプリングボクス
ヨハン・エラスムス
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ