ラグビーPRESSBACK NUMBER

徐々にイングランドを追いつめ……。
南アがNZと並ぶW杯通算優勝3回に。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2019/11/03 12:00

徐々にイングランドを追いつめ……。南アがNZと並ぶW杯通算優勝3回に。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

オールブラックスと並び、W杯通算優勝回数を3回としたスプリングボクス。ジャパンを破った南アは、そのまま世界の頂点に。

NZとならぶ通算3度目のW杯優勝。

 オールブラックス撃破の心理的影響を問われたイングランドのエディー・ジョーンズHCは、「そうかもしれないが、それは分からない」と言葉を濁した。そのうえで、「南アフリカが良かった」と繰り返した。

 はっきりしているのは、南アフリカが試合を重ねるごとにレベルアップしていったことである。

 スクラムハーフのファフ・デクラークは、「ニュージーランドに負けた後、毎週成長できたことを最後に示すことができた」と話した。

 そして、エラスムスHCが「南アフリカの多くの国民は優勝すると信じていなかったが、我々は自分たちを信じていた」と明かしたメンタリティーこそが、ニュージーランドと並ぶ通算3度目の優勝へ結びついたのだろう。

 プール戦で黒星を喫したチームのW杯制覇は史上初めてだが、今大会の南アフリカは歴代の優勝チームに決して見劣りしない。

<ラグビー日本代表 W杯総集編>桜の結実

Sports Graphic Number 2019/10/30臨時増刊

<ラグビー日本代表 W杯総集編>
桜の結実

 

関連記事

BACK 1 2 3
エディー・ジョーンズ
ハンドレ・ポラード
マカゾレ・マピンピ
チェスリン・コルベ
ファフ・デクラーク
スプリングボクス
ヨハン・エラスムス
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ