マカゾレ・マピンピ 

大物が続々参戦、トップリーグの「ユニークな魅力」。再開へ舵を切る世界のラグビーとの違いとは?

ラグビーPRESS

大物が続々参戦、トップリーグの「ユニークな魅力」。再開へ舵を切る世界のラグビーとの違いとは?

いまだ収束の見えない新型コロナウイルスの感染拡大。あらゆるスポーツがその対策あるいは共存の方法を模索している。それはラグ… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

トップリーグ

2020/09/04

収益化に苦戦するプロラグビーの現実。トップリーグ大物移籍の背景とは。

ラグビーPRESS

収益化に苦戦するプロラグビーの現実。
トップリーグ大物移籍の背景とは。

大物の移籍は、「トップリーグは海外のリーグに比べ試合数が少なく、給料がいいから」という理由で説明できる。だが、なぜそのよ… 続きを読む

竹鼻智Satoshi Takehana

トップリーグ

2020/07/27

バレットにマピンピ、レイドローも。ラグビーW杯が世界に広めた日本愛。

ラグビーPRESS

バレットにマピンピ、レイドローも。
ラグビーW杯が世界に広めた日本愛。

W杯はもちろんラグビーという単語さえ日常から抜け落ちていくなかで、インターナショナルレベルのスター選手はW杯の記憶を大切に… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

トップリーグ

2020/07/09

跳躍マピンピ、ハカを見るファレル。モノクロームで味わう楕円球の世界。

ラグビーPRESS

跳躍マピンピ、ハカを見るファレル。
モノクロームで味わう楕円球の世界。

短期集中連載第4回のカメラマンは、デイビッド・ラモス氏だ。ラモス氏がチョイスしたのは自身が撮影した写真の中から、モノクロ… 続きを読む

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

ラグビー

2019/11/08

徐々にイングランドを追いつめ……。南アがNZと並ぶW杯通算優勝3回に。

ラグビーPRESS

徐々にイングランドを追いつめ……。
南アがNZと並ぶW杯通算優勝3回に。

決定的な差をつけられないまま時間が過ぎていく――。それでも、フォワードがプレッシャーをかけながらバックスを使う南アフリカ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

ラグビー

2019/11/03

ページトップ