プロ野球PRESSBACK NUMBER

松中信彦が四国独立リーグの監督に。
平成唯一の三冠王が語る「僕の使命」。

posted2019/10/30 19:00

 
松中信彦が四国独立リーグの監督に。平成唯一の三冠王が語る「僕の使命」。<Number Web> photograph by Daiki Tanaka

松中はホークス一筋19年のプロ野球生活で通算352本塁打。2004年には三冠王に輝いた。

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph by

Daiki Tanaka

「個性派揃いのチームにしますよ。とにかくボールが速い、抜群に遠くへ飛ばす、圧倒的なスピードを持つ脚力……1つのことに秀でた能力を持つ子を集めます。そして、NPBに入団するのではなく、NPBで活躍する選手を多く輩出する。これが僕の使命です」

 現役引退から約4年、平成唯一の三冠王・松中信彦の語気は強く、目の前にいる彼はスーツ姿ではあるが、既に戦闘モードに入っているように見えた。

 福岡ソフトバンクホークスのユニフォームを脱いでからは、野球解説だけでなく、ハンドボールの大会アンバサダーを務めるなど、トライを続けてきた。

 次はホークスのユニフォームを着て現場に戻る――そんな未来予想図もある中、NPBの今シーズン途中、松中は四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズからのオファーを受け、GM兼総監督に就任すると発表したのだ。

 なぜ、独立リーグからのオファーを受けたのか。

「迷いなんてなかった」

「選手として成功するかどうかが、僕の野球人生の第1章。指導者として成功するかどうかが、第2章。その入り口に来ているタイミングでお話を頂いた。迷いなんてなかった。むしろワクワクしました。

 引退してから少し時間が経って、アドバイスを求められた時に、自分のアドバイスに反応してくれる選手を見て、喜びを感じるようになったんです。教えたい、伝えたいという思いが確実に強くなってきていた。今夏、香川にゲストで呼ばれたことも大きなきっかけでした」

 松中は今年8月に香川オリーブガイナーズに招待され、イベントに参加。そこで試合を観戦し、実際にベンチにも入れてもらったという。

【次ページ】 各選手の癖や修正すべきことをメモに。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松中信彦

プロ野球の前後のコラム

ページトップ