ラグビーPRESSBACK NUMBER

通過した。超えた。応援した。現れた。
敗れても消えぬ最高のラグビーW杯。

posted2019/10/25 11:50

 
通過した。超えた。応援した。現れた。敗れても消えぬ最高のラグビーW杯。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

手も足も出なかった南アフリカ戦。それでも最高瞬間視聴率は50%を越えるなど、ラグビーW杯は国民的関心事となった。

text by

金子達仁

金子達仁Tatsuhito Kaneko

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 100点満点で1000点をあげてもいい。

 それが、南アフリカ戦が始まる直前の偽らざる気持ちだった。それくらいのことを日本はやった。

 同じスタジアムでロシアとの開幕戦が行なわれた時、わたしには1カ月後の日本がまったく想像できていなかった。こうなってくれていたらいいな、これぐらいになったら成功といえるかな──といった願望はあったが、反面、どうせ無理だろうという諦めもあった。

 日本がアイルランドとスコットランドを倒して1位でグループを通過する?

 テレビの瞬間最高視聴率が50%を超える?

 アイルランド人が、ニュージーランド人が、ジャパンのユニフォームを着て南アフリカと戦う日本を応援する?

 この大会を「史上最高のワールドカップ」と言い出す人が現れる?

 通過した。超えた。応援した。現れた。どれか1つ現実になっただけでもとんでもないことなのに、どんな楽観主義者でも思い描けないような未来図が、現実のものとなって2019年10月20日の日本にはあった。

この1カ月間の日本で起きたこと。

 知っている人がいたら教えていただきたい。

 洋の東西を問わず、それまで不人気だったスポーツが、わずか1カ月の間に国民的関心事になった例はあるだろうか。

 ヨーロッパや南米で、サッカーの人気を圧倒するようなスポーツが突如として出現したことはあっただろうか。

 北米大陸で4大スポーツを飛び越えたスポーツはあっただろうか。

 この1カ月間の日本で起きたことは、だから、世界的に見ても、歴史的に見ても極めて珍しいケースだとわたしは思う。

 おそらくは日本でしか起こり得ないこと、だとも。

「サッカー不毛の地」と呼ばれたアジアの中でも飛びっきりの僻地だった島国にサッカーの花を咲かせた日本は、同じような、いや、それ以上の奇跡を起こして見せた。

 昨日までの常識は、今日の非常識になった。

 明治維新って、こんな感じだったのかもしれない──。

【次ページ】 完敗でも、500点分ぐらい残っていた。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ