野球のぼせもんBACK NUMBER

甲斐拓也、日本シリーズで漂う風格。
エースに要求した内角と「丸封じ」。 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2019/10/22 11:40

甲斐拓也、日本シリーズで漂う風格。エースに要求した内角と「丸封じ」。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

日本シリーズで存在感を増す甲斐拓也。第3戦以降も巨人キーマン・丸を封じ込めるか。

3年連続、正捕手として。

 甲斐は3年続けて、正捕手として日本シリーズに出場をしている。

「2年前にベイスターズとやった頃は、全てにおいて受け身だったと思います」

 出すサインに自信がなかった。フルカウントになれば変化球を要求。相手は分かっていて、それを狙い打たれた。

 昨年は6連続盗塁刺の“甲斐キャノン”でMVPに輝いたが、リードに関しては苦言を呈されることが多かった。ストライクゾーンの四隅ぎりぎりばかりを構えて投手を疲弊させた。そして、困ったら外角ばかり。相手は恐れずに踏み込んできた。

 しかし、今は自分の意思をはっきりと伝え、必要とあれば何球も続けて内角を要求するし、球種の選び方も変わってきた。日本シリーズへの進出を決めたクライマックスシリーズ・ファイナルでも強力ライオンズ打線の中軸である森友哉や中村剛也に対して上手く内角を使って封じ込めたことが勝機を大きく広げた。

第2戦先発・高橋礼も丸封じ。

「日本シリーズは最大で7試合。7試合しかないし、7試合もある」

 そう語る顔には、大舞台を乗り越えてきた風格が漂っていた。

 丸は日本シリーズ第2戦も3打数0安打1四球。打率は.000のままだ。第2戦に先発した高橋礼は「丸さんはしっかりコースを狙って打ちに来るバッターなので、それをいかに外すかが大事でした。良いミーティングができていました」と振り返った。

 ホークスはこのまま、巨人打線のキーマンを「逆シリーズ男」として眠らせておくことが出来るのか。舞台が東京ドームに移る第3戦以降も大いに注目したい、勝負の分かれ目となる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福岡ソフトバンクホークス
甲斐拓也
千賀滉大
高橋礼

プロ野球の前後のコラム

ページトップ