フランス・フットボール通信BACK NUMBER

サミュエル・エトーの引退に寄せて。
不屈のライオンのふたつの顔。 

text by

ティエリー・マルシャン

ティエリー・マルシャンThierry Marchand

PROFILE

photograph byL'Equipe

posted2019/10/23 11:15

サミュエル・エトーの引退に寄せて。不屈のライオンのふたつの顔。<Number Web> photograph by L'Equipe

バルセロナ、インテル、そしてカメルーン代表の選手として、数多くの伝説を残してきたサミュエル・エトー。

インテル時代のモウリーニョと作った伝説の試合。

 透徹した視線とカリスマ性、スタイリッシュな生き方、信頼と傲慢さの共存、ピッチの上ではコントロールのクオリティとゴールの嗅覚、継続するパフォーマンス……。

 インテル時代のジョゼ・モウリーニョは、そうした彼の資質を最大限に活用し、それは2010年におこなわれたひとつの伝説的な試合で結実する。

 バイエルンとのCL決勝でモウリーニョは、彼をいつもとは異なるポジションで起用し、エトーはその要求にキッチリと応えて、インテルは1965年以来実に45年ぶりとなるヨーロッパ制覇を成し遂げたのだった。

 決して動じることなく冷静に戦術的要求を満たす。それだけ彼のディシプリンは卓越していた。

 そのオリジナリティは、唯一無二の試合でとりわけ輝いたのだった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サミュエル・エトー
バルセロナ
インテル
ロナウジーニョ
ディディエ・ドログバ
ヤヤ・トゥーレ
ジョージ・ウェア
ロジェ・ミラ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ