Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<現役騎手が語る 秋競馬 私のベストレース>
浜中俊「大きな転機となった充実のち暗転の秋」

posted2019/10/13 08:00

 
<現役騎手が語る 秋競馬 私のベストレース>浜中俊「大きな転機となった充実のち暗転の秋」<Number Web> photograph by Yasuyuki Kurose

text by

石田敏徳

石田敏徳Toshinori Ishida

PROFILE

photograph by

Yasuyuki Kurose

今年8月には1000勝を達成。一流ジョッキーの仲間入りを果たした30歳が味わった最良の秋からの試練とは。(Number987号掲載)

2015秋華賞 ミッキークイーン

 2007年のデビュー以降、浜中俊はトップジョッキーへの階段をまっしぐらに駆け上がっていった。翌年に出身地の小倉で重賞初制覇(小倉2歳S・デグラーティア)を果たすと、見習騎手を卒業した'09年にはGI初制覇(菊花賞・スリーロールス)を達成。'12年には23歳の若さで年間131勝を挙げ、JRAリーディングにも輝いた。ただしこの年、GIは未勝利。本人もそれを気に病んでいた。

「たくさん勝つのは騎手として大切なこと。でも僕は“大きいレースで結果を出したい”という思いが人一倍、強いんです」

 GIへのこだわりは「華がなかった」と振り返るリーディングを獲ってから、いっそう強くなった。それだけに“最も印象深い秋競馬”に'15年を挙げたのも頷ける。秋華賞のミッキークイーン、天皇賞・秋のラブリーデイと1番人気馬でGIを2勝。最有力と目される馬の鞍上に指名され、結果も出したことは冥利に尽きる経験だった。

 秋華賞は1年前にも、ショウナンパンドラで勝っていた。大本命のオークス馬ヌーヴォレコルトを負かすため、イン狙いに徹してレースを運んだあのときは「前が詰まっていてもおかしくない、博打みたいな競馬」だったが、ミッキークイーンは1番人気。今度は迎え撃つ立場である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1323文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

秋競馬「ディープを超えろ」/ラグビー日本代表「撃破」
浜中俊
ミッキークイーン

競馬の前後の記事

ページトップ