草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

大野雄大、大島洋平のタイトル獲得。
舞い降りた「運」も実力のうち――。 

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/10/10 19:00

大野雄大、大島洋平のタイトル獲得。舞い降りた「運」も実力のうち――。<Number Web> photograph by Kyodo News

9月30日阪神戦、最優秀防御率のタイトルを確定させた大野雄大は4回途中で降板した。

最多安打につながった、あの1本。

 大野が土壇場で一気に降り注いだ運だとすれば、大島は「今にして思えばあれが……」という運である。

 8月1日の阪神戦(甲子園)。2回の2死一、二塁で打席に立った大島は二塁にゴロを打った。ほぼ正面。二塁手の糸原健斗も捕球姿勢を取っていた。ところがその前に一塁走者の木下に打球が当たった。記録上は木下の守備妨害でアウトだが、大島には二塁内野安打がつく。この1本が最後に効いた。

「一番思い出に残っているヒットですね。このタイトルを取るまでに10年かかりました。これまでもからんだことはあったけど、最後に抜かれたり。取れるときってこんなものなんでしょうか。とにかく、試合に出続けるということを目標にしてやってきました。積み重ねで決まるタイトルなので、毎日、グラウンドに立たせてくれるトレーナーさん、投げてくれる打撃投手や捕手の方々に感謝したいです」

 大野の最優秀防御率も大島の最多安打も、幸運を運んできたのが木下だというところに不思議なものを感じるが、それを逃がさなかったのが2人の実力である。

 シーズンオフに開催されるNPBアワードには、晴れがましい顔で出席することだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
中日ドラゴンズ
大野雄大
大島洋平

プロ野球の前後の記事

ページトップ