オリンピックへの道BACK NUMBER

競歩・鈴木雄介が苦しんだ末に……金。
「くねくねしているとか笑われても」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/10/06 11:40

競歩・鈴木雄介が苦しんだ末に……金。「くねくねしているとか笑われても」<Number Web> photograph by Getty Images

現地時間28日の午後11時半開始のスケジュールをものともせず、競技史上初の金メダルに輝いた鈴木雄介。

「笑われてもいいです」

 50kmで金メダルを獲得したことによって、規定により、2020年の東京五輪における同種目の五輪代表にも内定した。

 ただ、鈴木自身は、もともと得意としてきた20kmでの挑戦も視野に入れている。

「競歩界のレジェンドになりたい」と、金メダル獲得後に語った鈴木は、以前、こうも口にしている。

「くねくねしているとか笑われてもいいです。どういう面白さなのかは別にして、まず見てもらえれば」

 第一人者だからこそ、長年に渡って打ち込んできたからこそ、競歩という競技の地位を上げたいという意志がある。

 完全復活を遂げた鈴木は、2020年の大舞台でどのようなパフォーマンスを見せるのか。強さを得た、そして使命感をも持つ鈴木の、この先が楽しみだ。

関連記事

BACK 1 2 3
鈴木雄介
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ