スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

日本がアイルランドに付け入る隙は?
攻守ともに完璧、超が3つ並ぶ難敵。

posted2019/09/28 08:00

 
日本がアイルランドに付け入る隙は?攻守ともに完璧、超が3つ並ぶ難敵。<Number Web> photograph by Getty Images

今大会の堂々たる優勝候補であるアイルランド。グループ最大の難敵に日本はどう立ち向かうのだろうか。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Getty Images

 スコットランドの記者は怒っていた。

「この2年間、前半20分の入りに課題を抱えていましたよね? エネルギー、それが今日も改善されることはなかった。なぜですか?」

 2シーズン前、ニュージーランド人のバーン・コッター監督に代わって、母国の指揮官に就任したタウンゼント監督は、こう答えた。

「たしかに試合の入りでエネルギー、積極性を欠いてしまったかもしれません。この2、3週間、それを意識してやって来たんですが……」

 歯切れが悪い。

 前半が終わってアイルランドが17-3とリード。実質的に試合は終わっていた。

 この試合、日本と同じプールに属する格上の同士の対戦。どうしても日本の目線に立ってみてしまう。

 この日、スコットランドは、「アイルランド相手にやってはいけないこと」をやってしまっていた。

 つまり、アイルランド戦を週末に控える日本にとって、「やってはいけない事例集」をプレゼントしてもらったようなものだ。

スコットランドの意図はよくわかる。

 まず、最初のトライのきっかけは、スコットランドが自陣ゴール前から脱出を図ろうとキックを蹴った場面だった。

 イケメン・スクラムハーフの9番、レイドローが22mの外にキックを上げたが、タッチではなく、コンテストキックで再獲得を狙った。

 しかし、チェイスが甘かった。アイルランドの右ウィング、コンウェイがカウンターを仕掛けると、あっさりトライを献上してしまう。

 スコットランドとすれば、自陣深い地点での相手ボールのセットピースは絶対に避けるという発想である。だからこそ、タッチキックを蹴ってアイルランド・ボールのラインアウトで再開するよりも、コンテストキックを選択して陣地を戻しつつ、再獲得を図ろうとしたが、アイルランドにチャンスをプレゼントしたようなものだった。

【次ページ】 甘いキック、自陣でのラインアウトはダメ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ラグビーアイルランド代表
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ