スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

日本がアイルランドに付け入る隙は?
攻守ともに完璧、超が3つ並ぶ難敵。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/09/28 08:00

日本がアイルランドに付け入る隙は?攻守ともに完璧、超が3つ並ぶ難敵。<Number Web> photograph by Getty Images

今大会の堂々たる優勝候補であるアイルランド。グループ最大の難敵に日本はどう立ち向かうのだろうか。

勝つのはむずかしいが、ゼロではない。

 さて、日本はどうすべきか。

 この試合を見る限り、アイルランドは「超」が2つか3つつくほどの難敵である。

 自陣ゴール前でのセットピースをすべて排除することは不可能だが、ひとつでもその機会を減らすことが、そのままリスクを減らすことにつながる。

 勝つのはむずかしい。しかし、勝機はゼロではない。

ロースコアよりは殴り合いに希望がある。

 大会前、Number986号で、私はエディー・ジャパンのコーチング・コーディネーターを務めた沢木敬介氏に話を聞いたが、アイルランド攻略のポイントにはいくつかのポイントがあるという。

・点の取り合いに持ち込むこと
・後半20分まで「ゲーム」にすること

 ロースコアの手堅いゲームは、アイルランドのペースになる。ガードの低い打ち合いになれば、日本にはチャンスが出てくる。前半、手堅い試合運びをするよりも、リスクを取って攻めた方が面白い試合になるだろう。

 そして後半20分まで、7点差以内をなんとかキープする。そうすれば、アイルランドにもプレッシャーがかかってくるし、敗れたとしてもボーナスポイント獲得につながる。

 やってはいけないことは、スコットランドが見せてくれた。

 勝つためのレシピも見えている。あとは実行力あるのみである。

関連記事

BACK 1 2 3
ラグビーアイルランド代表
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ