有料記事一覧ページ新設のお知らせ

ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

ヤングライオン時代が蘇った佐渡島。
小杉俊二も認めたライガーの30年。

posted2019/09/25 11:00

 
ヤングライオン時代が蘇った佐渡島。小杉俊二も認めたライガーの30年。<Number Web> photograph by Gantz Horie

小杉俊二から花束を受け取ったライガー。「今でも背筋が伸びる」という先輩と再会を果たし、残りのレスラー人生にラストスパートをかける。

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph by

Gantz Horie

 来年1月4日、5日の新日本プロレス東京ドーム大会で引退が決まっている獣神サンダー・ライガーが、9月18日、プロレスリングZERO1の新潟県・佐渡島大会に出場した。

 ライガーがZERO1のリングに上がるのはこれが2度目。前回は今年7月28日の後楽園大会で初出場。ザ・グレート・サスケと組んで、90年代の新日ジュニアをともに盛り上げた大谷晋二郎&高岩竜一と対戦したあと、「俺は来年1月に引退するけど、まだまだおまえらと直接やりたい。何度でもおまえたちとやってやる!」とマイクアピールをした。今回、2度目のZERO1参戦はその約束を守ったかたちだが、舞台が佐渡島になったのには理由があった。

 じつは佐渡島では10年前から毎年、プロレス興行が行われている。離島でプロレスが毎年行われるというのは非常に稀なことだが、これは佐渡の青年部部長だった北村龍さんが、「佐渡にプロレスを呼びたい」と、「AWGP」なる有志団体を結成し、招致活動、運営協力を行うことで実現しているもの。地方、とくに離島などの遠隔地でのプロレス興行開催は、こういったファンの熱い思いと協力があってこそなのだ。

ライガーに花束を渡した小杉俊二。

 そして今年は、その「AWGP」結成10周年ということで、「ぜひ、引退を控えた獣神サンダー・ライガー選手に出場してほしい」と懇願。それを受けてZERO1が新日本プロレス側と粘り強く交渉し、新日本とライガーが承諾したことで、実現したのだ。

 ライガーはZERO1佐渡島大会のメインイベントに登場。後楽園では対戦した大谷&高岩と今度はタッグを結成し、橋本大地&橋本和樹&ショーン・ギネス組と対戦した。その試合前、佐渡島在住の元プロレスラー、小杉俊二さんがリング上でライガーに花束を手渡した。この小杉さんの存在も、今回のライガー佐渡島登場が実現した、ひとつの大きな要因だった。

【次ページ】 「いまだに緊張するわ!」

1 2 3 NEXT
獣神サンダー・ライガー
小杉俊二
新日本プロレス
ZERO1

プロレスの前後のコラム

ページトップ