日々是バスケBACK NUMBER

バスケ米国代表ピアスACが明かした、
W杯日本戦で警戒した4つのポイント。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/09/15 09:00

バスケ米国代表ピアスACが明かした、W杯日本戦で警戒した4つのポイント。<Number Web> photograph by Getty Images

アメリカ代表ポポビッチHC(右)と話し込むピアスAC。今回のW杯では日本戦のスカウティングを担当した。

45点に抑えられた日本。

(4)渡邊、ファジーカスにも楽なシュートを打たせない

ピアス「渡邊雄太がチームで一番多くシュートを打っていた(※アメリカとの対戦時)ということはわかっていたので、彼が得点しやすいような状況をなるべく減らすようにした。頻繁に得点を狙ってきていたから、ディフェンスがプレッシャーをかけていない状態のシュート数を制限するようにした。ニック(ファジーカス)も同じだ。基本的に彼(渡邊)と塁、ニック(ファジーカス)の3人にはできるだけプレッシャーをかけ、彼らのシュート機会を減らすようにした」

 アメリカが日本の得点源として警戒していたのは八村だけではなかった。トルコ戦とチェコ戦でそれぞれ12本のシュートを打ち、チェコ戦では15点をあげていた渡邊と、2試合とも二桁得点をあげていたファジーカスのシュートも警戒。ダブルチームをするわけではないが、マッチアップしていた選手が、彼らには意識してシュートを打たせないように守っていた。

 結果、アメリカ戦で2人が打ったフィールドゴールはファジーカスが8本で渡邊が6本、決めたのはそれぞれ2本ずつだった。得点源の3人を抑えられた日本は、1Qに9点、3Qに8点、2Qと4Qも14点しか決められず、総得点わずか45点に終わっている。

評価が高かった篠山、そして馬場。

 八村、渡邊、ファジーカスの“ビッグ3”が抑えられ、チームメイトたちがアメリカの“圧”に圧倒されていたなかで、一人、攻守にアグレッシブなプレーを見せていたのは馬場雄大だった。

 ピアスコーチは言う。

「私とジェフ・バンガンディは今週の試合(日本のトルコ戦、チェコ戦)をすべて見てきて、さっきも言ったように篠山のプレーをとても気に入っていた。もう1人、馬場も私たちが気に入った選手だった。毎ポゼッション、全力で気持ちを出してプレーする。オープンコートでボールをもったら、アグレッシブにリムに攻め込んでいく」

 最後に、日本チームに何かアドバイスをと求めると、次のような言葉が返ってきた。

「私たちがずっと話していたことのひとつは、日本のプレースタイルはそのカルチャーによるものだということ。みんながひとつになって、セルフレスなプレーをする。試合を通してプレーし続ける。私が見た試合すべて、彼らは40分すべて手を抜くことなくプレーし続けた。先日のチェコとの試合もそうだった。残り1分切ってもフルコートでプレッシャーをかけ、スティールを奪っていた。あれだけの情熱をもってプレーしていることはすばらしい。これからも続けて出し続けるべきことだ」

関連記事

BACK 1 2 3 4
グレッグ・ポポビッチ
ロイド・ピアス
ジェフ・バンガンディ
八村塁
篠山竜青
渡邊雄太
ニック・ファジーカス
馬場雄大
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後の記事

ページトップ