サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

森保監督、五輪世代から絶大な信頼。
“横さん”こと横内コーチの仕事術。

posted2019/09/16 11:40

 
森保監督、五輪世代から絶大な信頼。“横さん”こと横内コーチの仕事術。<Number Web> photograph by Ryohei Hayashi

森保一監督がフル代表兼任のため、代行監督を務める機会が多かった横内昭展コーチ(左端)。東京五輪世代の活動に欠かせない人物だ。

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph by

Ryohei Hayashi

 日本から遠く離れたアメリカの地で、彼の代名詞とも言える言葉にピッチを響かせた。

「ブラーボ!!」

 テクニカルエリアを行ったり来たりしながら戦況を見据える人物は、いいプレーが出ると決まって選手を鼓舞するように声を響かせる。その言葉はいいプレーと悪いプレーの判断をする指標となり、チームが進むべき方向を示している。

 横内昭展コーチ。サムライブルー(日本代表)とU-22日本代表を兼任する森保一監督とはマツダやサンフレッチェ広島でともに選手として時間を過ごした間柄で、広島が2連覇を果たした時には監督とコーチとして共闘。その後、森保監督の要請を受けて五輪代表チームのコーチに就任し、現在では日本代表のコーチも担う人物である。

 そんな森保監督の右腕と言える存在は、来年に迫った東京五輪に挑むU-22代表にとって欠かせないピースの1つと言って過言ではない。

森保監督と横内コーチの信頼関係。

 特に森保監督がA代表の活動に専念する場合、U-22日本代表の監督代行を務めることが多く、これまでもトゥーロン国際大会やドバイカップ、U-23選手権予選などで指揮。先日の北中米遠征でも指揮を執るなど、五輪代表のチーム作りにおいて大きな役割を任されている。

 また横内コーチに対する森保監督の信頼は厚く、「横内さんが言うことは僕の言うことだと思ってください」と説明するほどだ。

 もちろん本人は「森保監督は饒舌なので、そこまでではないです」と笑うものの、「まるっきり同じことを言えるかはわからないけど、何も変わったことは言わないと思うし、全く違ったことをピッチで言っていることもないと思う。そこらへんは信頼して受け渡してもらっている」と語る言葉には、両者の確かな信頼関係がうかがえる。

【次ページ】 率直に選手に思いを伝える。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横内昭展
森保一
長沼洋一

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ