“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

「変わらずやり切る」湘南らしさを。
梅崎司は監督不在でも走り続ける。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/09/08 11:45

「変わらずやり切る」湘南らしさを。梅崎司は監督不在でも走り続ける。<Number Web> photograph by Takahito Ando

浦和戦では終了間際に勝ち点1をもたらすPKを決めた梅崎司。その経験値は窮地にいる湘南にとって貴重だ。

チームメイトに感じる頼もしさ。

「(浦和の)ボランチやDFラインのマークの受け渡しがあやふやだった。なので『パス、ドリブルどちらもいけるよ』と(ボールを)さらして、どちらも冷静に選択をした」と存在感を放ち続けた梅崎は、88分にビッグプレーを見せる。

 杉岡のスローインを山崎凌吾がペナルティーエリア内左で受けた。ここで落としたボールを梅崎が受けるとDFに囲まれながらも中に仕掛け、エヴェルトンに倒されてPKを獲得したのだ。自らキッカーに名乗り出ると、浦和GK西川周作との駆け引きを制して、ゴール右隅に突き刺した。

 その後も湘南は浦和を押し込んだが、1-1のドロー。結果自体は満足できるものではないだろう。とはいえチョウ監督不在の中で2戦連続で追いつく形での2引き分けと、勝ち点を積み重ねている。

「ものすごく成長を感じている。以前は先制されると苦しい展開に陥ってしまいがちだったけど、今は落ち着いて『自分たちのサッカーを続ければゴールを奪える』という意識が選手間で共有できているのは間違いない。チームメイトが頼もしくなっていると思います」

 試合後、梅崎はこう胸を張った。

「一体感もまた、湘南の価値」

 悲観することはない。今、自分たちの状況は間違いなく苦しいが、屈してしまっては湘南ベルマーレという財産に傷がついてしまう。

「若い選手はもちろん、選手ひとりひとりの責任感がどんどん強くなっているのを感じる。僕はそれを大切にするだけ。練習や試合中の厳しい声は僕にも届くし、こういう関係性こそ、チョウさんが作ってきた証。

 それにね、今の湘南はスタジアムの雰囲気が良いんですよ。なんというか……選手とサポーターが呼応し合う雰囲気になってきましたよね。相手にはプレッシャーになり、僕らには『いけるぞ!』という空気を作ってくれています。メインスタンドもバックスタンドも一緒になって、一体感が凄い。これもまた湘南の価値だと思います」

 俺たちは屈しない――。

 残留はもちろん、1つでも上の順位に押し上げるべく。矜持を示すチーム最年長は、難局にあるチームを力強く牽引している。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

梅崎司
湘南ベルマーレ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ