SCORE CARDBACK NUMBER

1カ月で復帰した高橋周平の
責任感と二つのポジション。
~ドラゴンズのキャプテンとして~

posted2019/09/03 08:00

 
1カ月で復帰した高橋周平の責任感と二つのポジション。~ドラゴンズのキャプテンとして~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

今季は5月に8度の猛打賞を記録して自身初の月間MVP受賞。オールスターに選手間投票で初出場を果たした。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 8月15日、セ・リーグ打撃成績の一覧からドラゴンズの高橋周平の名前が消えた。打率2位の.319は、規定打席に満たない数字となってしまったのだ。しかしその翌日、高橋は一軍に復帰。代打として出場すると、18日にはスタメンに名を連ねる。

 6月の交流戦を終えて打率トップに立っていた高橋は、7月16日のタイガース戦でケガをして、戦列を離れた。サインプレーに誘い出されて頭から一塁へ戻ろうとした際、ベースに右手を突いて、小指の靱帯を断裂してしまったのだ。医師からは手術を勧められたが、高橋は保存療法による治療を選択。わずか1カ月での復帰を果たしたのである。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

中日ドラゴンズ
高橋周平

プロ野球の前後のコラム

ページトップ