欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

奇跡から3年、渋くレスター進化中。
バーディーと新世代が6強体制を崩す。

posted2019/08/31 11:40

 
奇跡から3年、渋くレスター進化中。バーディーと新世代が6強体制を崩す。<Number Web> photograph by Getty Images

バーディーの決定力が衰え知らずの中で、若い選手たちも台頭しつつあるレスター。プレミア勢力図を塗り替える存在となるか。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 日本でレスターの知名度が少しだけ上がったのは、1986年だったと記憶している。

 同年のメキシコ・ワールドカップで得点王に輝いたガリー・リネカーが7シーズン所属したクラブだと、いくつかのメディアが取り上げていた。しかし、イングランド・フットボールといえばリバプールの時代で、マンチェスターもロンドンも端役に過ぎなかったのだから、レスターといわれてもピンと来るはずがなかった。

 その後10年ほど月日が流れ、『ジェイ・スカイB』(現ジェイ・スポーツ)がプレミアリーグの放映権を獲得すると、レスターの名前は徐々に浸透していった。

 ロビー・サベージ、エミール・ヘスキー、マジー・イゼットなどを擁し、1998-99シーズンから2シーズン連続でトップ10に食い込む健闘を見せている。2001年には4試合だけロベルト・マンチーニが所属していた。

2007-08シーズンは3部にまで転落。

 しかし、小規模のクラブがチーム力を維持できるはずがなく、2003-04シーズンにプレミアリーグから降格。2007-08シーズンにはリーグ1(実質3部)まで転落していった。懸命に建て直し、2013-14シーズンにチャンピオンシップ(実質2部)を制してプレミアリーグに復帰したが、日本のとある専門誌は“レイチェスター”が10シーズンぶりにプレミアリーグ復帰、と報じていた。

 要するに、その程度の認識しかなかったということだ。LEICESTER、たしかにレイチェスターと読みたくもなるが……。

 ただ、フットボールの神様は“シンデレラストーリー”を用意していた。2014-15シーズンは最終9試合を7勝1分1敗でクリアして残留。続く2015-16シーズンは、岡崎慎司、ジェイミー・バーディー、マーク・オルブライトン、エンゴロ・カンテ、ダニー・ドリンクウォーターと、随所にハードワーカーを擁してプレミアリーグを制したのである。

 下馬評では降格候補のひとつに挙げられていた片田舎のクラブが、世界一の競争力を誇るプレミアリーグのテッペンに立ったのだ。シニカルな英国メディアも「ミラクル・レスター」と表し、その快挙を称賛していた。

【次ページ】 奇跡の優勝からもう3年が過ぎた。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レスター
ジェイミー・バーディー
カスパー・シュマイケル
マルク・オルブライトン
ウェズ・モーガン
クリスティアン・フクス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ