ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~BACK NUMBER

ジダンが抱える「解任」の時限爆弾。
スターの“働き方改革”は成功するか。 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/08/31 19:00

ジダンが抱える「解任」の時限爆弾。スターの“働き方改革”は成功するか。<Number Web> photograph by Getty Images

ホーム開幕戦となった第2節バジャドリー戦を引き分けるなど、未だ見通しが悪いレアル・マドリー。頼みは負傷明けのアザールぐらいか。

早くも後任候補の名前が……。

 そもそも今季の陣容がどこまで意図したものか、かなり疑わしい。締め切り時点で現地メディアが「進行中」と騒ぎ立てるネイマール獲得のオペレーションも仇敵を牽制するためのブラフかどうか。

 アザールとポジションが重なるが、そうした例は過去にもある。仮に獲得が決まれば強力な戦力になることは間違いないが、ジダンの舵取りはさらに難しくなるかもしれない。一方をベンチに置いても、共存を試みてもリスクが大きいからだ。

 ロッカールームを取り仕切る力を失えば第二次政権は延命どころか、短命に終わるだろう。ホーム開幕戦で引き分けに終わるや、後任候補としてジョゼ・モウリーニョの名前が報じられたほどだ。

 ジダンの手元に残された逆転のカードは開幕前に左足大腿直筋を痛め、まだピッチに立っていないアザールくらい。デビュー戦で「一発回答」ならば、空気がガラッと変わる可能性もあるが、さすがに負傷明けで多くを期待するのは無理筋か。

 ただ、ジダンに時間がないのも確かだろう。ホーム開幕戦の観客動員数は6万人あまり。マドリディスタ(マドリーの熱心なファン、サポーター)は、いつまでも待ってくれない。一斉に白いハンカチが振られて、時間切れ。それも十分にありうる話だ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
レアル・マドリー
ジネディーヌ・ジダン
エデン・アザール

海外サッカーの前後の記事

ページトップ