JリーグPRESSBACK NUMBER

鹿島、ACL広州戦アウェイで0-0。
三竿健斗「これでチームの一体感が」
 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byZhong Zhi/Getty Images

posted2019/08/29 17:00

鹿島、ACL広州戦アウェイで0-0。三竿健斗「これでチームの一体感が」<Number Web> photograph by Zhong Zhi/Getty Images

アウェイの広州戦で2人で厳しくチェックに行く三竿(左)と土居。90分を0点に抑えた。

「ホームでは絶対の自信がある」

「今日の試合でより一体感が増すと思う。ホームでは絶対の自信があるから」

 三竿はそう語り、この日の記者対応を終えた。

「シャルケのときもファーストレグはアウェイでなんとか耐えて、ホームでの第2戦はサポーターのあと押しで、勝つ……という試合が結構あったんだよね」

 内田篤人は嬉しそうにそう振り返った。

 昨季ACL決勝トーナメントでホームはすべて勝っている。

 今季のリーグ戦でもホームでは負けが1試合のみだ。

 アウェイを0-0で終えた場合、アドバンテージは広州にあるという見方もできる。ただそれは、鹿島のホームで点を取り合ってのドローだった場合だ。

「とにかく勝てばいい」「勝つしかない」

 潔い思いでその試合を迎えられそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
鹿島アントラーズ
三竿健斗
小泉慶
大岩剛

Jリーグの前後の記事

ページトップ