リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

こじれたままのネイマール移籍問題。
バルサ、レアル、PSGの誰が得する?

posted2019/08/30 11:40

 
こじれたままのネイマール移籍問題。バルサ、レアル、PSGの誰が得する?<Number Web> photograph by Uniphoto Press

トラブルメーカーのイメージがついて回るネイマール。本人の希望と言われるバルサ復帰は本当に実現するのか。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 ネイマールの移籍がスペインの夏を、再びこれほどまで賑わせるとは誰が予想したろう。

 おまけに当初パリSGとバルセロナのチキンレース——どちらが相手の要望に屈するか——の様相を呈していた問題は、R・マドリーの参入により複雑化し、一時はスペインのベテランジャーナリストでさえ「どう収まるのか見当もつかない」と腕組みしていた。

 そもそも、なぜこんな事態が生じたのか。事の起こりとされているのは2017年10月のネイマールの行動である。

「200%残る」と断言したクラブ役員や慰留する仲間を後目にパリSGへ去った2カ月後、ネイマールはバルサの練習場に突然現れた。そして、格別仲の良かったメッシやルイス・スアレスやピケを捕まえ、パリSGでの日々を語り聞かせる一方で、バルサでの日々を心から懐かしんだ。

 このときからネイマール復帰を認め、期待する空気が“元チームメイト”たちに生じていたという。ネイマールの陽気で愉快な姿に惹かれつつ、稀代の才能にも一目置いていた彼らは、自分たちを置いて出ていくことを選んだネイマールの決断を受け入れたうえで、容赦していたのだ。

バルサ会長は一笑に付していた。

 ネイマール自身も、時の経過に従いバルサ復帰を強く願うようになった。

 メッシの影から出て完全なるエースとして君臨するためパリSGへ行ったが、ムバッペが邪魔をする。念願のバロンドール賞も近づくどころか離れていく……。

 バルサにいた2016-17シーズンのパフォーマンスが反映された'17年は3位だったが、'18年は12位。FIFA年間最優秀選手に授けられるザ・ベスト賞も同様で、'17年は3位だが'18年は最終ノミネートからも外れている。

 ネイマール本人から望郷の念を何度も伝えられたバルサの選手たちは、バルトメウ会長に再獲得を提案した。しかし、バルトメウは最初は一笑に付した。

 守りもしなかった契約の延長ボーナス未払いで訴えている裏切り者を、なぜわざわざ買い戻さなければならない?

【次ページ】 メッシが帰還を望んでいるから……。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ネイマール

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ