海外サッカーPRESSBACK NUMBER

ジャマイカが恐れた18歳の小野伸二。
智将が今明かすフランスW杯秘話。 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/09/01 11:50

ジャマイカが恐れた18歳の小野伸二。智将が今明かすフランスW杯秘話。<Number Web> photograph by Getty Images

18歳にしてジャマイカ戦でW杯初出場を果たした小野伸二。その才能は敵将も脅威に感じていた。

もっと早く小野が出てきたら……。

――小野は、十数分間しかプレーしませんでした。

「彼がその程度の時間しかピッチにいなかったのは、我々にとって幸運だった。もしもっと早く出てきていたら、我々は勝てたかどうかわからない」

――現在、日本はW杯の常連で、ベスト16にも過去3度進出しています。また、多くの選手が欧州でプレーしています。このような日本サッカーの発展を、当時、予想していましたか?

「Jリーグが見事に運営されており、学校やクラブが選手を懸命に育成しているのを知っていたから、いずれ強くなるとは思っていた。しかし、実際のところ、私の予測をはるかに上回る強化を成し遂げている。日本のサッカー関係者たちの努力の賜だろう」

――18歳の久保建英がレアル・マドリーに入団し、今年のコパ・アメリカにも出場して活躍しました(その後マジョルカに期限付き移籍)。彼にはどんな印象を抱いていますか?

「素晴らしいテクニックの持ち主で、プレーアイディアが豊富。良い判断をして、それを勇気を持って実行する能力がある。中田、小野ら、日本の“うまくて賢い選手”の系譜を引いている。数年以内に世界中の子供が憧れる選手になっていても、私は全く驚かない」

鮮明だった66歳名将の記憶。

 66歳の名将の記憶は鮮明で、21年前の出来事をまるで昨日のことのように生き生きと語ってくれた。彼の言葉には、当時の日本代表、中田、小野ら選手、そして現在の日本サッカーへの敬意が感じられた。

 別れ際、彼は笑みを浮かべてこう打ち明けた。

「実は、指導の現場が恋しくなってきた。そう遠くない将来、監督業に戻ろうと考えている」

久保建英18歳の冒険。

Sports Graphic Number 985

久保建英18歳の冒険。

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レネ・シモンエス
小野伸二
中田英寿
三浦知良
久保建英

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ