フランス・フットボール通信BACK NUMBER

なぜ欧州覇権はセリエからリーガに?
時代を変えた、ジダン移籍の裏話。 

text by

ロベルト・ノタリアニ

ロベルト・ノタリアニRoberto Notarianni

PROFILE

photograph byFranck Nataf/L'Equpe

posted2019/08/25 20:00

なぜ欧州覇権はセリエからリーガに?時代を変えた、ジダン移籍の裏話。<Number Web> photograph by Franck Nataf/L'Equpe

ジダンはレアルで220試合以上の出場を記録。2002年にはCL制覇も果たしている。

「彼の家では妻がズボンを穿いている」

 とはいえユーベとの離婚の原因を、ジダンの妻に求めるのはあまりにうがちすぎというものだろう。 

 たとえ「彼の家では妻がズボンを穿いている(妻が夫を支配している)」とアニェリが語ったにせよ、そこにはメディア的な誇張も多分に含まれている。

 いずれにせよジダンにとって、妻の母国スペインで「新たなチャレンジを望む」のは正当な権利であった。

 トリノでの生活に軋轢はなかった。私生活は快適で、人目を忍んで引きこもる必要はまったくなかった。行きつけのレストラン「ダ・アンジェリーノ」には彼専用のテーブルが常に用意され、彼の名前がつけられた料理がメニューに加えられたように、ストレスを感じることなく日常生活を営むことができた。

ユベントスが移籍金をあてにしていた節も。

 他方でユベントスは、ジダン自身が当時の『フランス・フットボール』誌のインタビューで述べているように、彼の移籍によって得た金で、2~3人の選手を補強しようとしていた。

 実際にユーベがレアルから得た7620万ユーロの移籍金は、全額がジャンルイジ・ブッフォン(5230万ユーロ)とリリアン・テュラム(4040万ユーロ)、パベル・ネドベド(3810万ユーロ)の獲得に充てられた。

 何よりも重要であったのは、ジダンがまるで裏切り者であるかのように見なされたことだった。

 ユベントスにとっては、ジダン移籍はそんな類の係争だったのだ。

 とはいえジダン本人は、そうした軋轢をまったく気にしていなかった。レアルに新天地を求めるのは、彼にとってそれほど刺激的なチャレンジであった。

 レアルのフロレンティーノ・ペレス会長も、過去を掘り返して彼を苦しめることはなかったし、心地よい言葉しかジダンに対して向けなかった。

 ペレスにとってジダンは、銀河系軍団形成のために得た2つめの宝石だった。

【次ページ】 この移籍が欧州の勢力図を激変させた。

BACK 1 2 3 4 NEXT
ジネディーヌ・ジダン
ユベントス
レアル・マドリー
フロレンティーノ・ペレス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ