Number ExBACK NUMBER

2012年、イチローが日本開幕戦で、
一言も肉声を残さなかった深い理由。 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2019/08/27 11:40

2012年、イチローが日本開幕戦で、一言も肉声を残さなかった深い理由。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

現役最後となった試合から7年前。同じ東京ドーム、同じアスレチックス相手に、イチローはグラウンドで躍動していた。

自分の国だなぁって気持ちになるね。

 わかりやすい言葉は発しない。

 もちろん、いろんな想いはある。

 今の自分にできることは、野球。

 そんな切羽詰まった状況に自らを追い込み、終わってみれば人をひきつけて止まない結果が残っている。そんなイチローのプレーに、何かを感じない日本人はいない。イチローは何も言葉を発しなくても、日本人と会話を交わしていた。イチローはこうも言った。

「(帰ってくると)自分の国だなぁって気持ちになるね」

 たくさんのメッセージを受け取った日本人は、どこまでも期待を裏切らないイチローを感謝とともに見送った。そしてイチローは、日本人の心を動かし、勇気をもたらした。一度として、その肉声を聞かせることなく─―。

『イチロー・インタビューズ 激闘の軌跡 2000-2019』

「Amazon」で購入

Number Books

『イチロー・インタビューズ 激闘の軌跡 2000-2019』

2000年、メジャーリーグ挑戦直前のインタビューから、2019年3月、現役引退直後にシアトルで行われたロングインタビューまで、「Sports Graphic Number」を中心に20年間、100時間を超える単独インタビューを完全収録!

彼が私たちに見せてくれた幾多のプレーと同様に、その言葉どんなときも美しく、力強い。

<本体1,800円+税/石田雄太・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イチロー
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ