マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

投手ほどテレビには映らずとも……。
甲子園で驚いた5人の野手の才能。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/08/22 12:00

投手ほどテレビには映らずとも……。甲子園で驚いた5人の野手の才能。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

ショートとしても、打者としても星稜・内山壮真の存在感は絶大。2年生にしてチームの中軸だ。

スナップスロー1番は中京学院大中京の……。

 ちょっと長くなるが、あと2人ほど。

 中京学院大中京・井上槙士遊撃手(3年・172cm70kg・右投右打)の「強肩」にも驚いた。

 遊撃手には、八戸学院光星・武岡龍世、花咲徳栄・韮沢雄也に智弁学園・坂下翔馬……とU18日本代表に選ばれた遊撃手が何人も出場しているこの夏だが、スローイングでは井上槙士が頭ひとつリードに見えた。

 糸を引くようなスナップスローができたのは、この井上遊撃手だけだ。軽いスナップスローで刺せるから、強く投げ過ぎて球道がブレる心配が少ない。

 併殺時に二塁ベースに入るタイミングにちょっと違和感を覚えたが、あとで聞いたら、遊撃手は高校に入ってから。中学では「投手」だったというから、経験3年なら、逆にこれだけ動ければ立派に合格点だ。

自分がスカウトならほしい遠藤成。

 少々違った意味で驚いた「投手」もいる。東海大相模・遠藤成(3年・178cm82kg・右投左打)。

 遊撃手も兼務する遠藤成。投手として先発した近江高戦、炎熱のマウンドで全力投球を続けながら、打者として打球を飛ばしたあとの猛烈な「走り」に驚いた。

 先発投手なら、いくら高校球児でも甲子園でも、いくらか加減して走るものだ。スタミナ配分とか、少しは考えるものだろう。

 それが、ゴロを打てば内野安打にしようと血相かえて一塁に駆け込むし、外野の間に打球が飛べば、二塁打にしよう! とヘルメ飛ばして二塁ベースに突っ込んでいく。

 そのスピードも身体能力としてすばらしいが、それ以上に、その人間的な“勢い”がさらにすばらしい。なりふり構わず、その瞬間その瞬間を懸命に必死に生きようとする人間的姿勢に胸を打たれる。

 野球の技術は、正直これから猛勉強だが、「高校通算45弾」や「MAX145キロ」では表現しきれないこの選手が隠し持っている膨大な潜在能力の片鱗をかいま見たような気がして、私が「スカウト部長」なら、こういう選手、ドラフト2位でも3位でも、なんとか欲しいな……と思ったものだった。

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

星稜高校
内山壮真
霞ヶ浦高校
飯塚恒介
宇部鴻城高校
酒井隼平
中京学院大中京高校
井上槙士
東海大相模高校
遠藤成

高校野球の前後のコラム

ページトップ