野ボール横丁BACK NUMBER

明石商・狭間監督、精一杯のジョーク。
「言われたのに風呂入ってしもうた」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/08/20 16:15

明石商・狭間監督、精一杯のジョーク。「言われたのに風呂入ってしもうた」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

明石商の狭間監督は、敗れて甲子園を去る時も決してユーモアを失わなかった。

決戦前夜から、すでに頭は新チームへ。

 4強入りを決めた前々日の晩、明徳義塾のコーチをしていたときの恩師である監督の馬淵史郎から電話があった。

「『背中に神様ついとるから風呂入るなよ』って言われたのに、風呂入ってしもうた。それがあかんかったのかな。清潔な方なんで」

 最後はせいいっぱいのジョークだった。

 また新チームがスタートする。

「明日からまたやらなあかん。うちは、360日くらい練習してるから。いつ休めばいいんやろうね」

 そう愚痴りながらも、すでに新チームのことに頭は浸食され始めているようだった。

「昨日の夜とかも、3年生抜けたらポジションとか、どうすればいいかなとか考えとったんですけどね」

 いい夢がみられる日まで――。狭間は、グラウンドに立ち続ける。

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

関連記事

BACK 1 2
明石商業高校
狭間善徳
履正社高校

高校野球の前後の記事

ページトップ