Beyond The GameBACK NUMBER

1000勝監督原辰徳の大きな黒星。
~2003年、突然の辞任の3日前~

posted2019/08/21 16:30

 
1000勝監督原辰徳の大きな黒星。~2003年、突然の辞任の3日前~<Number Web> photograph by KYODO

プロ野球史上13人目の監督通算1000勝達成。5年ぶりのV奪回へ向け、原巨人は首位を行く。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 扉を開けると男が座っていた。

 ソファーに踏ん反り返るように腰掛け、両足はテーブルの上に無造作に投げ出されていた。男は部屋に入ってきた原辰徳を一瞥すると、冷めた目でこう聞いた。

「それで明日は誰でいくの?」

「予定通りに桑田でいきます」

 原の答えにやや怒気を含んだ声が返ってくる。

「桑田で勝てるのかね」

 原が巨人の監督に就任して2年目、2003年9月16日の夜のことだった。

 この年のペナントレースは阪神が、2位に10ゲーム以上の大差をつけて独走態勢を固めていた。優勝が絶望となる中で、この日も敵地・名古屋の中日戦で2対19と大敗。9連敗で勝率5割を切った巨人は、Aクラス入りすら危ぶまれる状況となっていた。そうして試合後のホテルで繰り広げられたのが、翌日の先発を巡るこのやりとりだったわけである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 916文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

読売ジャイアンツ
原辰徳

プロ野球の前後のコラム

ページトップ