SCORE CARDBACK NUMBER

「ホームランが照れ臭くて」
中田翔、9歳の思い出。
~野球人生で初めて打った1本~

posted2019/08/13 07:30

 
「ホームランが照れ臭くて」中田翔、9歳の思い出。~野球人生で初めて打った1本~<Number Web> photograph by KYODO

開幕戦のサヨナラ満塁弾で幸先よく始まった今季、7月終了時点で本塁打23本はリーグ3位、打点68は同4位だ。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 負けず嫌いな子どもだったという。ファイターズのキャプテンを務める中田翔は、少年時代のことをこう振り返った。

「あの頃の僕には野球しかなかったし、勉強するくらいならバットを振ろうと思っていました。そのくらい野球に没頭していたし、誰にも負けたくなくて、とにかく毎日毎日、野球の練習ばかりをしていましたね」

 本人曰く、広島に住んでいた小学校2年生のときに野球を始めたのだという。身体は同い年の誰よりも大きく、投げれば誰よりも速いボールを投げられたし、打てば誰よりも遠くまでボールを飛ばしていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

北海道日本ハムファイターズ
中田翔

プロ野球の前後のコラム

ページトップ