競馬PRESSBACK NUMBER

名手マーフィー騎手に導かれて。
ディアドラ、初の海外GI制覇達成。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2019/08/09 07:00

名手マーフィー騎手に導かれて。ディアドラ、初の海外GI制覇達成。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

1998年仏GIモーリスドゲスト賞のシーキングザパール以来、2度目の日本調教牝馬の欧州GI制覇となった。

3年目で大台100勝を突破。

 その後、彼は一気にスタージョッキーへの階段を駆け上がる。

 3年目の'15年にはカルピノでドイツ2000ギニー(GII)、ドルメロでUAEのアブダビチャンピオンシップ(GIII)など91勝。'16年にはブロンドミーでトルコのトプカピトロフィー(GII)、オペラティアラでドバイのバランシーン(GII)など重賞、準重賞計11勝を含む計116勝。早くも年間100勝の大台突破を果たしてみせた。

 更に翌'17年はアクレイムで自身初のGI勝ちとなるフォレ賞制覇。そしてその僅か2週間後にはブロンドミーと共にカナダへ渡り、かの地のビッグレースであるEPテイラーS(GI)を優勝。この2つのGIを含む重賞、準重賞を計17も含む年間127勝をあげる事が出来た。

 そして昨年の'18年もその勢いは止まらなかった。ベンバトルでドバイターフ(GI)、ザティンマンでのスプリントカップ(GI)、ロイヤルマリンでジャンリュックラガルデール賞(GI)などイギリスだけで198勝。更にロアリングライオンではエクリプスS(GI)、インターナショナルS(GI)、愛チャンピオンS(GI)、クイーンエリザベスII世S(GI)を優勝して、同馬をカルティエ賞の年度代表馬へいざなってみせた。

 今年も相変わらずの活躍で、重賞も勝ち、勝ち鞍も勿論、多い。8月初旬の時点ですでにイギリスや日本で計150を突破する勝利数を記録。イギリス国内ではリーディングを独走している。

 しかし、意外にも今年制したGIはまだ1つだけ。このディアドラによるナッソーSがマーフィー騎手にとって今年2つ目となるGI制覇であった。

「彼女には向くと思いました」

「調教ではそれほど強いところはやらなかったけど、それでもさすが日本でGIを勝っているだけあって良い馬だと感じました」

 レースの約1週間前の7月23日、ニューマーケットで調教に騎乗した際にはそう感じていたという。

 そしてレース当日にはメンバー構成と馬場状態を確認して、次のように考えていた。

「メンバーを見渡したところ、流れは速くなると思いました。また、馬場は硬かったので、日本馬である彼女には向くと思いました」

【次ページ】 イギリスでの日本馬GI制覇は史上2頭目。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ディアドラ
オイシン・マーフィー

競馬の前後のコラム

ページトップ