フランス・フットボール通信BACK NUMBER

“白いペレ”が、おらが町に来た!
80年代のセリエA、ジーコ移籍の伝説。 

text by

ロベルト・ノタリアニ

ロベルト・ノタリアニRoberto Notarianni

PROFILE

photograph byL'Equipe

posted2019/08/14 11:30

“白いペレ”が、おらが町に来た!80年代のセリエA、ジーコ移籍の伝説。<Number Web> photograph by L'Equipe

ウディネーゼにはわずか2シーズンしか在籍しなかったが、“ホワイトペレ”ことジーコは、イタリア中のサッカーファンを魅了したと言われている。

あれから30年以上経った今も……。

 デビュー戦となったアウェーでのジェノアとのゲームでは、ジェノアを5対0と粉砕した。

 彼が決めた2点目のフリーキックには、ジェノアのサポーターからも称賛の拍手が起こった。それはサンシーロでのミランとのゲームでも同じだった。さらにカターニャでは、やはり見事なフリーキックを決めた後に、スタジアム全体にジーココールが巻き起こった。

 このシーズン、ジーコは19得点をあげてミシェル・プラティニに次ぐ得点ランキング第2位でリーグ戦を終えた。膝のケガさえなければ、プラティニを上回っていたのは間違いなかっただろう。

 それから30年以上がたった今も、ウディーネの人々はジーコを忘れてはいない。

 2017年の彼の再訪には、フリウリ地方全体が大きな熱狂に包まれた。

 彼らの胸に生き続けているのは、地方の小クラブでも世界的な大スターを獲得することができた良き時代の思い出であった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ジーコ
ウディネーゼ
鹿島アントラーズ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ