JリーグPRESSBACK NUMBER

GK6人目のJ1通算300試合出場。
38歳の西部洋平は雌伏の時を経て。 

text by

望月文夫

望月文夫Fumio Mochizuki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/08/03 11:40

GK6人目のJ1通算300試合出場。38歳の西部洋平は雌伏の時を経て。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

第11節の川崎戦、J1通算300試合出場達成のセレモニーでは息子の陽くんから花束を贈呈された。

40歳が近づいても、もっとやりたい。

 チームはその後、黒星が先行し、ムードも徐々に悪化していった。

「このままではJ1に復帰できない」と感じた西部は、ここからどう戦っていくべきなのか、練習後のピッチ上で青空ミーティングを実施した。さまざまな意見を出したことで、チームは再びひとつにまとまり、結果もついてきた。最後は9連勝でJ1自動昇格を果たした。

 西部自身はその時のケガに始まり、長いリハビリと復帰直前での再発を繰り返し、J1での2017、2018年のリーグ戦出場はゼロに終わった。

 だが今季は300試合出場を達成した川崎戦から10試合連続でフル出場。「試合に出ているからモチベーションが高いし、コンディションが作りやすい」と週に1度はある2部練習でも、若い選手たちとほぼ同じフルメニューをこなしている。

「最近は会う人に『よくそこまでできるな』って言われる。ここまでかなと思っていた40歳が来年に迫っているけど、近づいてきたらもっとやりたいと思うようになった」

 羽田GKコーチも「まだ十分に伸びしろはあるし、まだまだ選手を続けていける」と太鼓判を押す。

「親に、奥さんに感謝したい」

 そこに数字的な目標もできた。

「あっさり到達できると思っていた300試合をようやくクリアしたから、今度は350試合が節目になるのかなと」

 そんな自身のこれまでを、ベテランはこう分析する。

「長くやれているのはまず体が動くこと。運動能力などを考えると、そこは親に感謝したい。栄養面で言えば奥さんに感謝。独身の時は食べることにこだわっていなかったから、結婚しなければここまで続けられなかったはずだから。

 負けず嫌いの性格も大きいと思う。こういう年齢になって、これからのチームを考えれば、若い選手たちには育ってきてほしい。事実それぞれのポジションに良い選手が育ってきた。だけど練習が始まると、若い選手には絶対に負けたくない。その気持ちがなくなったら、ただのコーチだから(笑)」

【次ページ】 「絶対にこのチームでタイトルを」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西部洋平
清水エスパルス
川崎フロンターレ
羽田敬介

Jリーグの前後のコラム

ページトップ