SCORE CARDBACK NUMBER

大分の「釣り師」の真骨頂。
敵陣を切り裂く小塚和季のパス。
~アシストはJ1でトップタイ~

posted2019/08/03 08:30

 
大分の「釣り師」の真骨頂。敵陣を切り裂く小塚和季のパス。~アシストはJ1でトップタイ~<Number Web> photograph by J.LEAGUE

3年ぶりのJ1で躍動する小塚。視野の広さと足元の技術を活かし、藤本やオナイウ阿道らの得点を演出している。

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 いまやJ1でも指折りのエンガンチェと言っていいかもしれない。大分トリニータの小塚和季だ。

 エンガンチェ(スペイン語)とはアルゼンチンにおけるトップ下の役回り。英語にすればフックだ。モノをひっかける道具――留め金や釣り針といった意味になる。人に見立てれば、釣り師といったところか。

 敵の最終ラインの手前で守備者に食いつかせた瞬間、1本のパスでぐさりと背後をえぐる。そんな芸当をこなす選手がエンガンチェの役割を担うわけだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

大分トリニータ
小塚和季

Jリーグの前後のコラム

ページトップ