Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<NBA2018-2019>
八村塁「僕は何でもできるから」

posted2019/07/31 15:00

 
<NBA2018-2019>八村塁「僕は何でもできるから」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

NBAドラフト1巡目9位で指名され、日本バスケ界の歴史を塗り替えた21歳の才能。その言葉には、世界最高峰リーグでプレーするプロ選手としての自信と自覚が既に備わっていた。(Number983号掲載)

 夏のラスベガスは、太陽がギラギラと照り付け、乾いた熱気が身体を包み込む。“ストリップ”と呼ばれる街の繁華街には、ピラミッドを模したホテルや、本物の半分のサイズの自由の女神やエッフェル塔、3分の2サイズの凱旋門などが立ち並び、街全体がレプリカの世界のようでもある。

 そんな街で、八村塁はNBA選手としての第一歩を踏み出した。NBAチームを持たないラスベガスの人たちにとって、毎年7月に行われるNBAサマーリーグは、NBA選手のプレーを生で見ることができる貴重な機会だ。若手選手や未契約選手たちがアピールするために行われる、言ってみれば練習試合なのだが、それでもリーグに所属する全30チームが集う本格的な大会。今年は中国代表とクロアチア代表も加わり、32チームで行われた。

 ドラフト指名されたばかりの選手の中には将来のオールスター選手予備軍がいるとあって、地元だけでなく、全国からファンが見に来る。若いスーパースターの卵を見たいファン、選手を見定めるNBAチームのフロント、世界中から選手発掘のために集まったスカウト、そしてメディアと、大勢の目が注がれる。今年6月のNBAドラフト1巡目9位でウィザーズに指名された八村も、そんな注目選手の1人だった。

 もっとも、八村はそうした周囲の目は気にもしていないようだった。初戦を終えた後の表情や言葉からは、試合を満喫した様子が窺えた。何しろ、実戦を戦うのは、3月下旬にNCAAトーナメントのベスト8で敗れて以来、3カ月余りぶりだったのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

八村塁
ワシントン・ウィザーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ