Sports Graphic NumberBACK NUMBER

ホンダ13年ぶりのF1勝利に見えた、
フェルスタッペンとセナの共通点。

posted2019/07/20 09:00

 
ホンダ13年ぶりのF1勝利に見えた、フェルスタッペンとセナの共通点。<Number Web> photograph by Mamoru Atsuta

スタンドをオレンジに染めたオランダ大応援団の声援を受けて逆転勝利を飾ったフェルスタッペン。

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph by

Mamoru Atsuta

2015年のF1復帰以来、屈辱にまみれてきたホンダ。
だが今季第9戦、ついに歓喜の瞬間が訪れた。
8戦全勝のメルセデスを倒して表彰台の頂点へ。
栄光も苦闘も知る司令塔、ホンダ・田辺豊治の熱き想いとは。
Number982号(2019年7月11日発売)の特集を全文掲載します!

 ホンダF1に勝利をもたらした10人目のドライバー、M・フェルスタッペンは表彰台でスーツの左胸にある「HONDA」マークを指さした。

 メルセデス、フェラーリと2強チームの相手を次々にコース上で抜き去る、グランプリらしい闘いだった。

 表彰セレモニーにはドライバー3人と優勝コンストラクター代表1名が出る。そこにレッドブル関係者ではなく、ホンダの田辺豊治テクニカル・ディレクターが現れた。異例なことだ。表彰台からの眺めは?

「いい景色でした。真下にレッドブルと我々のメンバーみんなが喜ぶ姿が見えて、感動しました」

ベルガーが耳元で囁いた祝福。

 さらにサプライズが起きた。2位へのプレゼンター役、G・ベルガーが田辺TDのもとに歩み寄る。'90年代にマクラーレン・ホンダで戦った名ドライバー。そのときの担当エンジニアが田辺TDである。

「ハグしながら耳元で囁くように言ってくれました。『コングラチュレーション』、それと『アイ・オナー・ユー』です」

 '06年以来13年ぶりに勝ったホンダと、勝利を勝ちとったお前を誇りに思うとかつての戦友に称えられ、彼の目から“汗”が流れた。フェルスタッペンとのシャンパン・ファイトがそれから始まった――。

 今季第9戦オーストリアは、レッドブル・チームのホームGP。ホンダ陣営誰もが、緊張感を持って臨んでいた。前戦フランスGPから投入したパワーユニット(PU)「スペック3」の2戦目。現場スタッフと日本側エンジニアたちは万全の準備を整えた。

【次ページ】 3つのテーマを持って臨んだ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マックス・フェルスタッペン
ホンダ

F1の前後のコラム

ページトップ