F1ピットストップBACK NUMBER

ホンダとレッドブルが密になった日。
マクラーレン離別に知られざる経緯。

posted2019/07/21 17:00

 
ホンダとレッドブルが密になった日。マクラーレン離別に知られざる経緯。<Number Web> photograph by Getty Images

レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーと勝利を祝う山本雅史。この日のためにコース外でも駆け引きを繰り広げてきた。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 イギリスGPの舞台となっているシルバーストーンは、F1の聖地といわれる。1950年にF1としての初のレースが行われたサーキットがここだったからだ。

 そしてシルバーストーンはホンダにとっても、忘れられない場所だ。

 1987年のイギリスGPでのこと。ウイリアムズとロータスにエンジンを供給していたホンダは、決勝レースで1位から4位までを独占した。これはホンダF1史上初であり、その後も成し遂げられていない唯一の快挙である。

2017年に聖地で行われた密談。

 それから30年後の、2017年のイギリスGP前日。ホンダはこのシルバーストーンで、ある重要な会談を行う。それはホンダのマネージングディレクターを務める山本雅史(当時はモータースポーツ部長)とレッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコの密談だった。

 なぜ、密談だったのか。それは当時、ホンダはマクラーレンにパワーユニットを供給しており、レッドブルはルノー製のパワーユニットを使用していたからだ。いわば、両者はライバル関係にあった。そのホンダとレッドブルが密談を行うのには、理由があった。

 F1に復帰して3年目のシーズンを戦っていたホンダは、新しいコンセプトで設計したパワーユニットに手を焼き、本来のパフォーマンスを発揮できない戦いが続いていた。シーズンが開幕して間もなく、マクラーレンがホンダとの提携を解消したがっているという噂が流れる。

 しかし、ホンダとマクラーレンとの間には契約があった。当時、マクラーレンでホンダとの交渉を担当していたある人物はこう話す。

「マクラーレンはホンダと3年+2年オプションの契約を結んでいて、われわれはオプション権を行使してさらに2年延長するかどうかを判断しなければならないときだった。われわれは契約を更新したかったが、それには条件があった。更新する年数は2年ではなく、3年ということだ。

 なぜなら、成績不振に再び陥った'17年はわれわれにとって無駄な1年であり、ホンダは本来の契約を履行していないも同然だったからだ。2年ではなく3年にするというのは、その分の1年を追加するという意味だ」

【次ページ】 マクラーレンは契約延長を求めていた?

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ホンダ

F1の前後のコラム

ページトップ