プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

G1クライマックス波乱の序盤決戦。
棚橋弘至も内藤哲也も暗雲の2連敗。

posted2019/07/16 18:00

 
G1クライマックス波乱の序盤決戦。棚橋弘至も内藤哲也も暗雲の2連敗。<Number Web> photograph by Essei Hara

「迷子」とKENTAを批判した棚橋弘至だったが、試合では返り討ちにあってしまう。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 29回目を迎えた新日本プロレスの真夏の決戦「G1クライマックス」は、7月6日のダラス、13日、14日の大田区2連戦、15日の札幌と4大会を消化、AとBのブロックに分かれた20人の出場選手はそれぞれ2試合ずつを戦い終えた。

 Aブロック。昨年の優勝者で2連覇を狙う棚橋弘至はオカダ・カズチカ、KENTAに2連敗。棚橋は自分の現在の位置を「オカダとかなり離れている」と実感している。

 棚橋は復帰から約40日が過ぎたが、見た目には体調が悪いようには見えない。大田区総合体育館のリングはいつもより暑かったが、棚橋は汗のかきかたは少なく、調子は良さそうだった。

 棚橋はG1初参戦のKENTAを意識していた。

 KENTAを「迷子」と表現して、敵対心を煽っていたが、KENTAに膝蹴り「go 2 sleep」を浴びて敗れた後には「迷子はオレだった」と自分にあきれたように漏らした。

 棚橋はこの10月にレスラー生活20周年を迎える。その花添えにG1クライマックスでの優勝、しかも2連覇という特別な肩書が欲しいはずだ。ましてや、その先にIWGPヘビー級王座奪還という願いがあるなら、この夏のG1での優勝はその手っ取り早いアクセス方法なのだ。

棚橋とKENTA、2人の複雑な関係。

 オカダにも、KENTAにも棚橋はハイフライフローを繰り出した。ハイフライフローは勢いよく飛ぶことができた。「飛びたい」と言っていた棚橋は飛べることの幸せを神に感謝するように、より高く飛んだ。

 だが、棚橋は2試合続けて同じ失敗をしてしまった。棚橋が真上から覆いかぶさる直前、オカダの折り曲げたヒザが、KENTAの折り曲げたヒザが、ケンザンのように胸板からボディにめり込んでいたのだ。

 棚橋が高く飛べた分、そのダメージは棚橋自身に跳ね返ってくることになった。

 試合後、大田区ではKENTAとの握手は拒否した棚橋だが、札幌では8人タッグで組むことになった。ここでも、交代のタッチをめぐって2人は「オレだ、オレだ」と意地を張り合った。

 ザック・セイバーJr.の関節攻めにあって場外で倒れていた棚橋に近づいたKENTAは、どうしたものかと躊躇していたが、棚橋に肩を貸して控室に一緒に戻っていった。

【次ページ】 内藤が狙う、2つ目のベルトの可能性。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

棚橋弘至
KENTA
内藤哲也
オカダ・カズチカ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ