プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

G1で狂犬達が限界知らずの死闘!
石井智宏とジョン・モクスリーの魂。

posted2019/07/23 11:30

 
G1で狂犬達が限界知らずの死闘!石井智宏とジョン・モクスリーの魂。<Number Web> photograph by Essei Hara

リング中央での、凄まじい音を響かせての頭突き合戦! 意地と意地のぶつかり合いに、会場もヒートアップ!

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 新日本プロレスのG1クライマックスは、7月20日までの後楽園ホール3連戦が終わった。全勝は、Aブロックは4勝のオカダ・カズチカとKENTA、Bブロックは3勝のジョン・モクスリーだ。

 大会トーナメントが順調に進んでいくなか、どうしても気になる1戦があった。

 7月19日のメインイベントで行われたモクスリーと石井智宏の対戦。日米の「狂犬」たちの試合は「どこまでやるんだ」という激しい展開になった。

 モクスリーの黒いトランクスには、有刺鉄線が描かれていた。これが意味するものは――リング上だけが試合場ではなく、“エニーウェア=会場すべてがファイティング・スペース”だということだ。イスもテーブルも何でもあり。モクスリーは使えるものはなんでも使う選手なのだ。客席から登場して、客席も蹴散らしながら、戦う。

「数カ月前まで、オレのレスラーとしてのキャリアは最悪だった。トイレの便器にぶち込んで流してしまいたいくらいうんざりだった。でも日本にやって来て、こうしてリングに上がることができた。アートを見せることができてうれしいよ」

 試合後、モクスリーはWWE時代の過去を吐き捨て、自分のファイトを「アート」だと表現した。

モクスリーこと元WWE世界王者D・アンブローズ。

 石井との、ゴツゴツしたなんでもありのぶつかり合いをモクスリーは楽しんでいるように見えた。試合後、頭突きが効いたのか、勝ってもフラリとよろけていたほどだった。それでも、笑みを浮かべて、石井に感謝していた。

「オレに何をやれとか、何をするな、とか指図できるヤツはこの地球上、いや、宇宙のどこを探してもいないんだ。それを決めることができるのはオレだけだ。オレは自分の命を懸けて戦う努力をしているんだ」

 元WWE世界王者ディーン・アンブローズことモクスリーはマイクを手に絶叫した。

【次ページ】 石井も、モクスリーと暴虐を楽しんだ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石井智宏
ジョン・モクスリー
オカダ・カズチカ
KENTA
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ