メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

平野佳寿がアシストした初勝利。
チームと自分を救った苦労人左腕。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/07/15 11:30

平野佳寿がアシストした初勝利。チームと自分を救った苦労人左腕。<Number Web> photograph by Getty Images

ヤングの初勝利を好リリーフでアシストした平野佳寿。見事な仕事ぶりだった。

日本時代、コーチに言われたこと。

 ダイヤモンドバックス首脳陣が登板前に「新人の初勝利だから頑張れ」と伝えたという事実はなかった。

 だから、彼が持つ「新人の初勝利」に対する意識がどこから来たのかは、容易に推理できた。

「オリックスのコーチ(別府修作ブルペン・コーチ)に『初勝利ってのは特別なんやし、ちゃんと抑えたれよ』といつも言われていた。ハッパをかけられていたと言うか、『あえて言うぞ、プレッシャーかけるぞ』って、しつこいぐらい言われていたので、最後の方はこっちから『分かってますから』って言ってから、グラウンドに出て行ってたぐらいですし」

 日本プロ野球で12年を過ごした彼にとって、「初勝利」のチャンスと巡り合う日常的なことなのかもしれない。

「僕と同じ学年に“カモシダ”っていうピッチャーがいたんです。高卒で巨人に入って、1年目から一軍で投げていたぐらい力のあるピッチャーだったんですけど、オリックスに来てから、初めて勝ったってことがあった」

鴨志田貴司という投手の場合。

 彼の言葉を頼りに調べてみた。 

 平野が京都の鳥羽高から京都産業大へ進学することを決めた2001年のドラフトで指名された、鴨志田貴司というピッチャーがいる。

 茨城県の水戸短大附属高から3巡目指名で巨人に入団。2013年を最後に引退し、現在は日本の独立リーグ(ルートインBCリーグ)の茨城アストロプラネッツの投手コーチを務めているそうだ。

 鴨志田は1年目の10月にプロ初セーブを挙げるなど期待されたが、巨人での5年間で34試合の登板(すべてリリーフ)に終わっている。

 オリックスに移籍した2008年にはプロ初先発したものの、勝ち星には恵まれず。そんな彼が「プロ初勝利」を記録したのは、現役最終年にあたる2013年6月16日、ヤクルト戦での救援登板でのことだった。

【次ページ】 評価は高くなかったヤング。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

平野佳寿
アリゾナ・ダイヤモンドバックス

MLBの前後のコラム

ページトップ