Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<鯉のレッスン14講座:Lesson 1>
鈴木誠也に人生を学べ。

posted2019/07/11 08:00

 
<鯉のレッスン14講座:Lesson 1>鈴木誠也に人生を学べ。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

24歳の4番打者は今や、名実共にチームの顔となった。多くのファンから応援される“スター性”の源流を辿ると、そこにはカープで育った選手ならではの生き方があった。(Number982号掲載)

「背番号が1になろうと、僕がやることは変わりません」

 2019年。鈴木誠也は前田智徳が引退してから5年間、準永久欠番扱いとして空位になっていた背番号「1」を背負うことになった。

 広島の人たちにとっても、誠也にとっても、神様にも似た存在であった前田の「1」。その継承にオフの間、複数のメディアが誠也に“カープの新時代を担うスーパースター”の像を結ぼうと意図するも、当人の答えはいつもと変わらないものだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4827文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

鈴木誠也
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ