海外サッカーPRESSBACK NUMBER

一度はブラジルに惨敗のペルーが、
番狂わせ連発でコパ決勝進出の理由。 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/07/07 12:00

一度はブラジルに惨敗のペルーが、番狂わせ連発でコパ決勝進出の理由。<Number Web> photograph by Getty Images

ウルグアイ、チリを連破したのは運だけでない。ペルー代表が地力としたたかさを持っているからだ。

ブラジルとしては一種の罠では。

 ブラジルにとって、決勝で当たる相手としては最も手強いのがウルグアイで、次がチリだった。ペルーがこの両国を倒してくれたのは望外の幸運で、しかもGSで対戦しているから手の内はわかっている。

 しかし、ブラジルにとって、実はこの状況は一種の罠かもしれない。ウルグアイでもチリでもないからと気を緩めるのは、極めて危険である。しかも、ペルーはGSで対戦したときとは全く別のチームになっている。手の内を知られているのは、実はブラジルだけなのかもしれない。

 ブラジルとしては、できるだけ早い時間に先制して優位に立ちたい。そして、ペルーが得点を狙って前がかりになったところでカウンターから追加点を奪えば、勝利は盤石になる。

 一方、ペルーは前半は無失点で切り抜け、後半勝負に持ち込みたい。そうすればブラジル選手に焦りが生まれ、ウルグアイ戦と似た展開に持ち込める。延長、PK戦を狙ってもいいし、またそのように見せかけてカウンターからゴールを狙えば勝機が生まれる。

 実力で優り、地の利もあるブラジルの有利は動かない。しかし、サッカーでは何が起きるかわからない。そのことは、ペルーが2試合続けて証明している。

関連記事

BACK 1 2 3
ペドロ・ガレーセ
パオロ・ゲレーロ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ