テニスPRESSBACK NUMBER

初戦敗退、大坂なおみの深い悩み。
何十億も動く巨大ビジネスと重圧。

posted2019/07/02 18:00

 
初戦敗退、大坂なおみの深い悩み。何十億も動く巨大ビジネスと重圧。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

ウィンブルドンで初戦敗退となった大坂なおみ。個のスランプを抜け出て、さらにスケールの大きな選手となれるか。

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 スランプは深刻かもしれない。

 世界ランク1位の座を失ったばかりの大坂なおみのウィンブルドンは、わずか1試合で幕を閉じた。

 相手は前哨戦のバーミンガムで敗れたときと同じ、世界ランク39位のユリア・プティンツェワ。163cmと小柄ながらしぶといストローカーだ。クレーコートのような遅いサーフェスを得意とする24歳に、大坂は6-7(4)、2-6でストレート負けを喫した。

 38対7。両者のアンフォーストエラーの数だ。

 いくら相手の2倍のウィナーを決めても、5倍以上の凡ミスをおかしては勝てない。「彼女がとてもうまくいろいろなボールを混ぜてきた」と話した通り、それがプティンツェワの作戦だった。

「できるだけ走らせて、揺さぶって、なおみに気持ち良くプレーさせないようにと考えていた」

「もう泣きそうだから」と退席。

 大坂は芝で大切な〈アグレッシブさ〉を最後まで忘れず攻めたが、正確性や安定性を欠いた。修正能力もまったく発揮されなかった。

「芝はクレーよりももっと予測ができない。毎日が学習」と話していたが、芝でのテクニックの問題だったのだろうか。やはりそれ以上にメンタルの問題が大きいのでは……。敗戦直後の記者会見でその答えを見たような気がした。

 今にも消え入りそうな声でなんとか受け答えをしていたものの、5分ほど経った頃、隣に座る司会の女性に「部屋を出ていいですか? もう泣きそうだから」と告げて突如退席。落ち着き次第インタビュールームに戻るよう別室で関係者らが説得するも、結局戻って来ることはなかった。

【次ページ】 変化したはずの敗戦後の態度が。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大坂なおみ
アレクサンダー・ズベレフ
ステファノス・チチパス

テニスの前後のコラム

ページトップ