SCORE CARDBACK NUMBER

技巧と戦術を尽くす西岡良仁。
小兵がリスペクトされるわけ。
~ツアーきっての「くせ者」~

posted2019/06/30 15:00

 
技巧と戦術を尽くす西岡良仁。小兵がリスペクトされるわけ。~ツアーきっての「くせ者」~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

全仏2回戦では自分より30cm近くも大きなデルポトロとフルセットの大激戦。西岡の躍動が観る者を惹きつけた。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 テニスが体重別の競技なら、西岡良仁は「64kg級」王者だろう。ストロークだけで競うスポーツだったら、ノバク・ジョコビッチといい勝負をするはずだ。だが、もちろんテニスに階級制はなく、「サーブ撤廃論」も聞いたことがない。小柄な選手が2m超の選手と優劣を競う。各セット2桁のエースを奪っても、負けるときは負ける。そういうものとしてテニスは存在している。

「それがテニスの面白いところ。僕たちもやっていて楽しみなところ」。身長170cm、ディエゴ・シュワルツマンらと並び、男子のトップ100で最も身長の低い西岡は言う。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

西岡良仁
フアンマルティン・デルポトロ

テニスの前後のコラム

ページトップ